佐々木紀彦(NewsPicks)の年収や経歴を調査!結婚/離婚についても

4 min

NewsPicksの顔である佐々木紀彦(ささき のりひこ)さん。
動画にも出まくっていて、ものすごく大活躍しています。

最初見た時は何となくチャラい感じの印象がありましたが、すごく分かりやすく話を整理してくれたり、インタビューでも鋭い質問をしたりと、只者ではないですよね。佐々木紀彦さんは何者なんだとずっと気になっていました。

まずは、年収や経歴が気になります。それだけでなく、結婚や離婚というプライベートなことも調査してみました!

佐々木紀彦(NewsPicks)の年収や経歴を調査!

はじめに、佐々木紀彦さんのプロフィール・経歴を紹介します。

プロフィール

名前:佐々木紀彦(ささき のりひこ)
生年月日:1979年?月?日
年齢:40 or 41歳(2020年現在)
出身地:福岡県北九州市

経歴はこちらです。
出世街道まっしぐらのスーパー編集長でした!

2002年9月 東洋経済新報社入社
2009年9月 スタンフォード大学大学院修了
2012年11月 東洋経済オンライン編集長
2014年6月 東洋経済新報社退職
2014年7月 ユーザベース執行役員 NewsPicks編集長
2015年4月 ニューズピックス取締役 NewsPicks編集長
2018年4月 ニューズピックス取締役CCO(現任)
2018年6月 NewsPicks Studios設立 代表取締役社長CEO(現任)

福岡県で生まれた佐々木紀彦さんは、慶應義塾大学総合政策学部を卒業し、東洋経済新聞社にて自動車やIT・ネット業界を担当します。

しかし2007年から2年間休職し、スタンフォード大学大学院へ入学。
この留学期間については、「収穫もたくさんあったが落ち込み疲れた修業期間だった」と語っています。

3年後に復職し、2012に東洋経済オンライン編集長に就任。「東洋経済オンライン」を、最高で月間5500万PVを叩き出す大人気のメディアに育て上げました。

その後、2014年株式会社ユーザベースに電撃移籍し、「NewsPicks」の編集長就任。

2018年4月には編集長を退任し、最高コンテンツ責任者(CCO)

同年の6月には株式会社NewsPicks Studioを設立し社長に就任します。

そこで、気になってくるのが佐々木紀彦社長の年収です。
年収は公開されているわけがないので、予想してみようと思います。

佐々木紀彦さんについて、わかっていることをとにかく挙げてみます。

  • 株式会社ニューズピックス取締役CCO
  • 株式会社NewsPicks Studios 代表取締役社長CEO
  • 著書を出している
    「米国製エリートは本当にすごいのか?」
    「5年後、メディアは稼げるか」
    「日本3.0 2020年の人生戦略」他
  • CCOを務めるNewsPicksの会員ユーザーは約300万人。
    有料会員ユーザー(月額1500円)は約64000人。

「出版社編集長の平均年収」を検索してみると、820万円~1085万円という情報があります。
佐々木紀彦さんは現在は最高コンテンツ責任者なので、この額ははるかに超えていると考えられます。その他、著書による印税やCEOとしての収入は正直想像できないですね。

そこで、少し強引ですが「有名 編集者」と検索してトップの記事に出てきた箕輪厚介さんの年収を調べてみると、年収1億円くらいではないかという情報が出てきました。
また、交流のある堀江貴文さんの年収は3億円とも言われます。

勝手な想像ですが、キャリアや活躍の様子を考えても佐々木紀彦さんも1憶円~2憶円の年収はあるのではないかと思われます。

佐々木紀彦(NewsPicks)の結婚/離婚についても

ところで佐々木紀彦さんは結婚しているのでしょうか?
仕事面では佐々木紀彦さんの凄さが分かりましたが、プライベートなことも気になります。

調べた結果、佐々木紀彦さんは結婚しています。
プライベートな情報がなかなか見つからない中、このような記事を発見しました。

2008年に佐々木紀彦さんが書いた「夫婦留学のススメ、妻が帰国して痛感するありがたさ」というタイトルの記事で、「若手記者・スタンフォード留学記」の中の一つです。

冒頭から、プライベートな話で恐縮ですが、スタンフォードで1年間一緒に暮らしてきた妻が、今朝、日本へと帰国しました。
といっても、幸いながら、妻に三行半をつけられて、離婚の危機を迎えているわけではありません(笑)。

https://toyokeizai.net/articles/-/2329

この記事にも書かれてありますが、執筆時の佐々木紀彦さんの年齢は29歳です。
実際に結婚した年齢や奥さんについてなどの詳しいことは分かりませんでしたが、1年間は一緒に留学先で暮らしているということなので、遅くても27歳には結婚していたと考えられますね

そして、もう一点気になって仕方がないことがあります。
「佐々木紀彦」と検索すると、「離婚」というワードが出てきます。先に結婚していることが判明したところですが、もしかしたらもうすでに離婚しているのかもしれません。
29歳の頃には離婚について否定しますが、夫婦はいろいろありますもんね・・・。

調べてみると、佐々木紀彦さんが離婚したという事実はありませんでした。

佐々木紀彦さんのWikipediaを見ると、配偶者の欄に「既婚」と記載してあります。
試しに離婚したことのある有名人で調べてみると、結婚していた時期が記載してあったり、人物の欄に「離婚した」とはっきりと書かれてありました。
Wikipediaの情報からも、佐々木紀彦さんは現在も結婚していると考えていいと思います。

 ただ、もしかしたら離婚しているの?と思ってしまうような情報もありました。
2018年に開催されたNewsPicks就活イベントに参加された方のブログの一文です。佐々木紀彦さんと堀江貴文さんが「これからの時代」をテーマに対談したというもの。その内容の一部が以下の通り記されています。

・当たり前だと思われていることを0ベースで自ら考え、判断することが重要
上手な離婚の仕方
・能力よりも、一歩踏み出す勇気の方がよっぽど重要。バカでも、思ってることを口にしたり行動すると、自然と実力がついてくる。
・大企業の使い方
・やりたいこと、好きなことがない人へ
・「日本のあなた」から「世界のあなた」へ
・日本の経済的プレゼンスの低下と、東アジア経済の変化

https://www.grisoluto.com/entry/event-syukatu0405

上手な離婚の仕方って・・・!?
「どのような内容の対談だったの?」「経験談なの?」
内容がとても気になりますが、佐々木紀彦さんが離婚されたという事実はどこをさがしても見つかりませんでしたので、離婚歴のある堀江貴文さんの経験を元に話された可能性が高そうです。

佐々木紀彦さんについては、プライベートな情報がほとんど公開されていませんでした。
もしかしたら直接的な表現ではなくても、佐々木紀彦さんの記事や著書などに実生活のヒントに関することが隠されているかもしれません。(何か新しい情報がわかりましたら、追記させていただきます。)

佐々木紀彦さんは凄く頭が良いとは感じていましたが、経歴としてもエリートでした。
そのような方なのに、ご自身の功績を褒められても「このくらいで褒められるのならまだまだだな」と感じ、更に上を目指している姿勢もかっこいいと感じます。

NewsPicksもまだまだ大きくなって、佐々木紀彦さんもカリスマとして君臨しそうですね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です