2018/8/30

「2018アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス」の開催にあたり、愛知県立芸術大学の学生がデザインした歓迎パネルを展示します。

大会実行委員会では、国内外から来県される選手・観客の皆様の歓迎と大会盛り上げを目的として、愛知県立芸術大学の協力を得て、同大学の学生がデザインした歓迎パネルを、中部国際空港(セントレア)と大会会場(ロングビーチ)に展示します。

1 中部国際空港セントレアの歓迎パネルについて
展示期間:平成30年9月7日(金)から22日(土)まで
展示場所:2階国内線到着ロビー
サイズ:幅5m×高さ2.5m

<デザインコンセプト>

世界的に有名な葛飾北斎の作品の中から波の要素を中心として抽出し、大会会場となる田原市の美しい海岸風景とサーフィンを、現代風にアレンジしました。絵の中に入って、記念撮影を楽しむことができます。

<完成イメージ>

○ デザイン内の人影はイメージです。実際には、人影の位置に人が立って、写真撮影が行えます。

2 大会会場の歓迎パネルについて
展示期間:平成30年9月15日(土)から9月22日(土)まで
展示場所:大会会場(ロングビーチ)
(9月15日(土)10時10分から行うパレードオブネイションズの会場(三河田原駅前)に展示し、パレード終了後、大会会場へ移設します。)
サイズ:幅2.7m×高さ1.8m

<デザインコンセプト>

青色のチョークボードに、大会名の文字と、田原市の美しい自然や豊かな農水産物の魅力を凝縮して、デザインしました。
カラーチョークで自由に塗り絵を楽しむことができ、パネルの一部(アルファベットの「O」)から顔を出して記念撮影も行えます。

<大会会場のデザイン>

3 デザインチーム
両箇所の歓迎パネルは、愛知県立芸術大学の学生チームがデザインしました。
・デザインチーム
周(しゅう)  瑞(ずい)剛(ごう)さん(博士後期課程1年生)
草皆(くさかい) 瑠(る)花(か)さん(博士前期課程1年生)
杉浦(すぎうら) なるみさん(博士前期課程1年生)
<監修>今尾(いまお)泰三(たいぞう)准教授
4 デザインチームと忍者隊による大会PRの実施について
9月7日(金)の午前10時から正午まで、中部国際空港到着ロビーの歓迎パネル前において、デザインチームと徳川家康と服部半蔵忍者隊が、中部国際空港設置の歓迎パネルデザインの缶バッジを配布(先着200個)し、大会をPRします。
5 大会会場におけるマグネット・缶バッジ作り体験の実施について
大会開催期間中、大会会場において、中部国際空港設置の歓迎パネルデザインのマグネット・缶バッジ作り体験(無料)を実施します。
期 間:平成30年9月16日(日)から22日(土)まで
場 所:大会会場おもてなしエリアの愛知県ブース
数 量:マグネット・缶バッジ各1000個
(サイズ:4cm×6cm)
マグネット